スポンサーサイト

  • 2019.04.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    戦渦

    • 2019.01.13 Sunday
    • 19:00

     

    脅しの言葉を息をするように繰り出す人は

    己の身を守るのに忙しい

     

    もう信じないと決めても

    つい期待して

     

    諸に被爆

    昨日も嵐が降った

     

    眠れなかった

    朝が来て外の空気を肺の中に満たすことで

    マイナスの感情を薄めようとする

     

    望むのは穏やかな暮らし

     

    気まぐれ将軍は矛を収めて遠ざかって行った

     

    荒れた部屋を整えて

    消耗した心を労って

     

    自分の人生に集中したい

     

     

    JUGEMテーマ:暮らしの中で

     

     

     

    幸せ

    • 2018.12.14 Friday
    • 10:01

     

    いつか来るものなのか

    もう来ているものなのか

    永遠に来ないものなのか

     

    積み重ねた年月は皮膚となり

    その先にあるはずだった「幸せ」のビジョンは

    お互いの分厚く育った外壁に阻まれて

     

    いつしか焦燥となり

    争いのタネになったりもする

     

    だから目をそらす

    それで良いわけはないけれど

     

    距離と

    生活の不安と

    取り囲む人たちへの感じ方のずれと

    言葉を使う技術の不足と

     

    だいたいそんな理由でいつも

    相手の気持ちがわからなくなるのだと思う

     

    無理をしているのは重々承知

    そんな生き方を二人して選んだのだから

     

    まさかこれが幸せの形だなんて思うことは詭弁だろうけれど

    ただ「美味」でない日常も大切に

    感じながら過ごしたいと思う

     

     

     

    JUGEMテーマ:家族

     

    隔たり

    • 2017.03.29 Wednesday
    • 18:08

     

    自分と関係ないところで
    私の知らない彼が
    私の知らない私を連れて
    遠くまで行ってしまったような

    時折姿を見せ
    彼が語る言葉は
    私の知らない私に向けられているので

    私は透明になってしまったような
    自分の自分らしさを
    まるでいけないことのように感じ

    彼もきっとそう感じ

    お互い言葉少なになり
    目も合わせられなくなる

    いい歳をして
    自分自身と相手の好きな自分との隔たりに引き裂かれ
    ちょっと道を開けてあげるやり方も思い出せない

    亡霊により添うように生きてることに
    気づかないふりをして

     

     

    JUGEMテーマ:ひとりごと

    0地点

    • 2016.06.23 Thursday
    • 00:07

     

    いつか

    時間ができたら

    解くつもりでいた

    縺れた糸の塊

     

    傍目には分からないであろう

    大きなブランクとなって

    私たちの間に立ちはだかる

     

    今更求める必要も

    求められる必要もなく

    目の前には生きて行くための仕事が

    ただ山積みになっている

     

    幸せはオアズケで

    行き着いた所がここならば

    それならそれ

    別に深く考えることじゃない

     

    またここから始めよう

    何度でもスタートすればいい

     

     

    JUGEMテーマ:家族

     

     

     

    不便

    • 2013.06.18 Tuesday
    • 19:53
     

    慰め合うことが
    したいだけなのに
    時間は冷酷に
    二人の距離を遠ざける

    もう
    同じ場所に
    同じ気持ちで佇む時は
    ないのだろうか

    大きく輪を描くレールの
    対局にいる二人
    いつも逆の方向へ
    せっせと前進する二人

    不便すぎる生活は
    心と身体を弱らせる

    それでも
    幸せに背を向けたくはない


    JUGEMテーマ:ひとりごと

    独りずつ

    • 2013.01.25 Friday
    • 19:41
     

    一緒のようで
    一緒でない

    背負っているものや
    目指している方向が同じでも

    それぞれが
    正直に
    頑張ろうとすればするほど

    ベストを
    尽くそうとすればするほど

    孤独の雪に埋もれて行く

    独りと
    独り

    あっちと
    こっち

    こっちは今コーヒータイムです


    JUGEMテーマ:ひとりごと

    LOVEレス

    • 2012.10.18 Thursday
    • 18:01
     


    人が人を支えるのが
    ノーマルなのはわかってる

    でも
    好きとか
    愛おしいとか
    そんな無償なキャンペーンは
    終わってるみたいで

    取りあえず
    お互い潰れない程度に
    放置
    そんな支え方も
    ありだと思う

    二人とも
    自分を支えることで目一杯
    支えてほしいなんて言えないくらいに

    そのエネルギーでお互いを労るのが
    LOVEだとは知ってるけど


    JUGEMテーマ:ひとりごと

    二人の時間

    • 2012.07.15 Sunday
    • 21:34
     

    遠くにいる人に求めることは
    ただ元気でいてほしい

    静寂と共に訪れる夜の風が
    あなたの気配を運んで来る

    コトバも気持ちも
    行く宛がなく
    ぶらぶらしながら眠るだけ

    こうしている間にも
    二人の時間は費やされ
    離れていても一緒だという気休めが
    恨めしい

    二人分の夢を観て
    二人分の朝が来る


    JUGEMテーマ:ひとりごと

    往路

    • 2012.07.09 Monday
    • 15:42
     

    晴れた

    目指すものがあるから
    なかなか届かないものだから
    真っすぐに進む

    それが私達の共通項

    嵐の日は黒雲が通り過ぎるのを待ち
    道を阻むものは脇に寄せ
    甘い夢は分別して空に捨て
    敵の首に鈴をつけ

    時にお互いを見失い
    追いつき
    追い越し

    あの日からずっと
    往路の途中


    JUGEMテーマ:ひとりごと

    言葉の在処

    • 2012.02.08 Wednesday
    • 22:49
     

    途切れた会話を
    つなげたい

    接点は何だっけ
    共有しているものはあったっけ
    なぜ一緒にいるんだっけ

    普段は届かない所に住んで
    帰って来ても
    言葉は使えない道具と化して
    テレビだけが喋り続ける

    あなたがいてほっとできた
    あの頃に戻りたい


    JUGEMテーマ:ひとりごと

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    clock

    blogmura

    blog ranking

    blogram

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM